アイドルの結婚

 

 

 

 

 

 

私は、V6の岡田准一のファンをしていました。

V6というグループへ導いてくれたのは岡田くんでした。

 

 

永遠の0の『俳優:岡田准一』がきっかけだったけど、『アイドル:岡田准一』が大好きでした。

 

 

グループの中へ戻った時に安心してはしゃいだり無口になる岡田くん、V6の末っ子としてたくさん愛されて育った岡田くん、ちょっと変わってるけど全てを受け入れてくれるお兄ちゃんが5人がいる岡田くん。

 

 

全部"V6"というアイドル活動があって岡田くんがいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月23日。大きな出来事がありました。

 

 

 

 

私は東京から来た友人と楽しくクリスマスイブイブを過ごしていました。

「携帯ないと死ぬ」が口癖の私が、珍しく何時間も携帯を触らないぐらい楽しかったんです。

 

 

 

すると、友人から『岡田くん』とだけ連絡が来ました。

いつもだったら「オカダがどーしたん」って0.1秒で返してると思います。(平野担が平野って呼ぶみたいに岡田担は岡田呼びの人が多いのです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヲタクとしてなのか、女としてなのか、

勘ってあるんですよね。

 

ザワザワとするんです。

 

体の芯が冷えるような、指の先まで冷えるような、頭が重いような…。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は返信を保留して、Twitterで『岡田』と打ちました。

 

 

 

すぐ隣に出て来たのは…『結婚』。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガセでもデマでもないなってすぐにわかりました。証拠のカードを見なくても(あぁ、結婚するんだ。)って。

 

なんとなく、友人には「ねえ、むり」としか返せませんでした。何が無理なのかよくわからない。多分、頭の中で整理することが無理だったのかな?

 

 

 

 

 

いのっちが結婚して、長野くんが結婚した時に「グループで既婚者1人」と噂されていたジャニーズの暗黙の了解みたいなものをぶち破ったV6が格好良くて、私も(V6全員結婚すればいいじゃ〜〜ん!伝説のグループになるよ〜〜!)なんて冗談半分で思ってました。推しグループのことを完全に他人事として捉えてた自分が恥ずかしいです。

 

 

 

 

 

 

 

なんでこんなに悲しいのかな。

そもそも私は悲しいという感情なのかな。

悔しい?ちがう。おめでたい?ちがう。

怒ってるの?ちがう。どうしたの?わからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさん考えて、まず思ったことは…

 

 

 

 

 

 

 

 

「報告するタイミング、

   今じゃないわ!!!!!!」

 

 

 

 

 

12/24という日本が1番浮かれモードのクリスマスイブ。

指定日配達?なんじゃそれ。

カップルと過ごす人も、友達と過ごす人も、

たとえぼっちの人でも楽しいこの日。

 

 

 

 

この浮かれモードのまま流されて、

「岡田くんおめでと〜〜*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて言うと思いますか?

 

 

 

 

誰かと一緒にいた人は重い空気にさせてしまって「ごめんね」って申し訳ない気持ちになったし、SNSに流れてくるニュースをそんなに仲良くもない知り合いからまわされてきて、終いには「岡田くん、結婚するの!?」「岡田くん結婚って本当なの?相手はあの人?」なんて心ないメッセージが送られてくる。

 

 

 

 

 

 

こういう出来事から一瞬、

悲しいから怒りに変わってしまった。

ごめんね、岡田くん。

なんにも悪くない。むしろクリスマスイブに結婚のご報告って彼女にとっては素敵なことじゃない。愛されてるなあって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが一般人ならば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイドルだってひとりの人間。

そんなこたぁ分かってますよ。

 

 

 

V6の末っ子岡田くんも37歳。

立派すぎるほどの成熟した大人。

祝福するファンも、喜ぶファンも沢山いると思う。

 

 

 

 

 

 

ただ、それと同じぐらい。いやそれ以上に悲しいファンや寂しいファン、怒るファンがいることも分かって欲しかったなって。

そんなファンの方がSNSで叩かれたり、祝福できないような心の狭い人だって思われるようなことが起きてしまうこの時代なんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの女性ファンから愛を向けられる存在のジャニーズ。V6。岡田准一

 

 

 

 

 

 

その愛がただひとり"奥さん"という存在だけに向いてしまう、悲しさというより寂しさかな?分からないけど。

 

 

 

 

 

 

 

そこに脱力感や苛立ちがあるんじゃないかなってボーッとした頭でたどり着いたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のことで私自身1番キツかったのが岡田くんの結婚自体よりも、

 

 

 

 

 

 

 

                       「外野の言葉」

 

 

 

 

 

 

 

 

混乱している中で

「岡田くん結婚!?」

「岡田くんおめでとう!」

「不倫騒動の相手と」

「自分の推しじゃなくてよかった〜」

「◯◯くんだったらしんでた笑」

 

 

 

 

 

f:id:ponbee:20171225160755j:image

 

f:id:ponbee:20171225160805j:image

 

f:id:ponbee:20171225160817j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改めて、SNSでの発言に気をつけようと思いました。

何も言わないことにしようって心に誓いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスに激重で本っっっっ当にすみません。

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡田くん、おめでとうございます。

ただアイドルの仕事はやめないでください。

お願いします。

 

 

 

 

そして、これから結婚を考えているジャニーズの皆さんには絶対マネしないでください。

 

 

 

 

 

〜 おわり 〜